[ 電話鑑定期間限定料金 ]

雑節

八十八夜

はちじゅうはちや

八十八夜は、立春から数えて88日目の日。この頃から霜が降りなくなり、気候も安定することから八十八夜は昔から農作業の目安とされ、稲の種まきや茶摘みが始まります。


TOP