[ 電話鑑定期間限定料金 ]

雑節

二百十日

にひゃくとおか

立春から数えて210日目の日。この頃は稲の開花と結実の重要な時期ですが、農作物に甚大な影響を与える台風に見舞われることも多く、この日を農家や漁師の厄日としていました。
荒天の時期を知らせる農家の三大厄日には、八朔(はっさく:旧暦8月1日)、二百十日、二百二十日があります。


TOP