七十二候

秋分

しゅうぶん

[ 初候 ]雷乃収声
[ 読み ]かみなりすなわちこえをおさむ
[ 意味 ] 雷が鳴り響かなくなる

[ 次候 ]蟄虫坏戸
[ 読み ]むしかくれてとをふさぐ
[ 意味 ] 虫が土中に掘った穴をふさぐ

[ 末候 ]水始涸
[ 読み ]みずはじめてかる
[ 意味 ] 田畑の水を干し始める

TOP