[ 電話鑑定期間限定料金 ]

誕生数秘術

数秘術

数秘術は、「万物は数である」と唱えた古代ギリシアの数学者ピュタゴラス- Pythagoras B.C.582年 - B.C.496年 -の思想・哲学を基にするもので、万物の根源アルケーを数として、森羅万象は全て数値化することが可能であり、行動、原因、結果も数値的な現象であって、数を以てその法則性を明らかにすることで、未来の予測及び干渉が可能であるとするものです。


数秘術の占法

数秘術では、特定要素に関する数値の数字根(※)を求めて基本数とし、その数の象意から性質や運気運勢などの様々な事柄を占います。

※数字根:ある数値を1桁に分解して全て足し、求めた結果が1桁になるまで繰り返し、最終的に得られる数字を指す。


特別数

数秘術の運命数は、自然数である1~9を基本数としますが、その他に特別な数字が存在します。

11・12のマスターナンバーや13・14・16・19のカルミックナンバーなどの一般的な特別数から、占者独自に設定する特別数、 二桁のぞろ目数字を全てマスターナンバーとして扱うなど、特別数には数多くのバリエーションがあります。


TOP